FC2ブログ

All archives    Admin

11月≪ 2018年12月 ≫01月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2012'12.16 (Sun)

心の健康

≪第35回児童生徒県南美術展≫が開催されているて角館町平福記念美術館に行ってきました。
今週はつらいことが重なりましたが、子供たちののびのびとした作品を見ていると、心に溜まっていたモヤモヤが大きく動き出し、胸がいっぱいになりました。

「ピアノなんか習っても何にもならない」
との言葉から悩まされた週でしたが、レッスンに通う生徒に「算数はお買いものとかで必要だし、体操や水泳は体の健康をつくったり命を守ったりするでしょう?音楽はなんのためにあるんだろう?」と問いかけると、「先生、なに言ってるの?」と笑いながら「心の健康のためなんじゃない?」と答えてくれました。

児童生徒美術展によせて開催された美術館コンサートが始まると、生徒との会話を思い出しモヤモヤが涙となって私から去りました。子供たちの作品と音楽につつまれ浄化されたように思います。他の人にとっては「何もならないもの」であっても、私には音楽は生きるうえで大切なことです。私は私の信念をもって進もうと思いました。

いい作品と心に響くコンサートに感謝!
「心の健康」を感じてくれた生徒にも感謝!

さて、クリスマス会に向けて頑張ります。
スポンサーサイト
11:23  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

何にもならない・・・?

何にもならないと思っている人には何にもならないし、何かあると思っている人には何かある、かもしれませんね。
 
私も子供のころ長くピアノを習いましたが…。今となっては一曲も弾けません(^^;
学校で習った算数や理科も忘れてるし、暗唱させられた詩や漱石の小説も・・・なんにもならなかったのでしょうか?

というか、すべて覚えている人がいたらすごいね。

頑張れ、先生!
私あなたを応援しています。
コンサートマニア | 2012年12月16日(日) 19:00 | URL | コメント編集

コンサートマニアさん、応援ありがとうございます。
私自身が「ピアノなんか何にもならない」と身に染みて感じているから傷つくのでしょうね。それでも、今日もレッスンが始まると邪念なく音楽と生徒に向き合っている自分がいて驚きました。私がどんな風に音楽を感じているのかを察し、同じように真剣にピアノに向かう生徒がいて幸せです。
おおさわ | 2012年12月18日(火) 02:24 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://hotmusic2009.blog35.fc2.com/tb.php/161-be5bb7ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |